知っているようで知らない新幹線の知識

九州新幹線の違い

各路線ごとに新幹線も車両が異なりますが、JR各社で工夫を凝らすようになりました。フラグシップとしての立場もあるため、かなり独特なイメージ戦略もおこなっています。中でも九州新幹線は、車両によっていろいろな趣向が凝らされているのが特徴です。山陽新幹線から直通にも使われているN700系には和の演出がなされていることで知られています。東海道山陽新幹線との違いを前面に押し出しているポイントになるでしょう。内装を見るだけでも、これは九州新幹線であることがわかります。

九州新幹線管内だけを走っている800系は、700系の延長にありますが、内装などにも九州の伝統工芸が生かされており、九州という土地を感じることができるようになりました。実は同じ800系であってもシートが布になっているものもあれば、革もあるのです。これは伝統工芸を生かしたものであり、車両ごとに楽しめるように工夫されています。乗り比べも楽しめるポイントになってくるので大きな魅力になってくるでしょう。

九州にいったときには、利用したいと感じさせてくれるのが新幹線です。他の新幹線とは明らかに違うところがたくさんありますので、乗車すること自体を楽しみにしてみるのもいいでしょう。